In one breath – breathe a sigh of relief

今日、呼吸器疾患の診断と治療の最も重要な治療の一つは気管支鏡検査で、

硬性気管支鏡は中枢気管支系のさまざまな兆候の診断と治療に使用されます。硬性気管支鏡検査は、異物や腫瘍の除去またはステント留置などの介入治療にも用いられます。

 

 

 

低侵襲技術は胸部手術でもますます用いられ、 今日では肺、縦隔、胸壁の腫瘍性疾患の診断と治療を低侵襲的に行うことができ、 手術の60%以上が内視鏡技術を用いているため、入院期間を短縮でき、術後QOLの改善に貢献します。

リチャードウルフはシングルポート胸腔鏡検査、ビデオ縦隔鏡検査、およびビデオ補助胸腔鏡下手術(VATS)用の革新的なシステムソリューションを含む、 胸腔鏡下手術用の製品群を提供しています。

Versatile application spectrum

呼吸器・胸部外科手術のさまざまな要件に理想的に対応できるリチャードウルフの内視鏡システムは、異物の抽出、腫瘍の切除、分泌物の除去、ステントの埋め込みにおいて、成人または小児患者向けの治療・検査をサポートする硬性内視鏡と対応する処置具で革新的なソリューションを提供します。

診断用胸腔鏡検査および胸膜生検のために、ミニ胸腔鏡セットはシングルポートテクノロジーで利用することができ、

広範な器具セットとさまざまな内視鏡を利用することで、VATS肺葉切除術などの胸腔鏡下手術も容易に行うことができます。

Surgical techniques – pneumology / thoracic surgery

Downloads

HNO
Catalog
ENT
PDF 7 MB
ご質問はございますか?お気軽にお問い合わせください!
Richard Wolf GmbH